『あのね』とは

2019年4月17日

当サイトでは、アニマルコミュニケーションのことを『あのね』と表記しています。


『あのね』とは、言葉を話さない動物さんと魂で繋がり、会話や

動物さんが感じていること(思い、観えてるもの、匂い、感触、価値観等)を感じ取って、コミュニケーションを取ることです。


言葉を話せなくても、猫さん達は飼い主さんの言っていることを、わかっています。

日々の暮らしの中で、知らず知らずの内に、飼い主さんの気持ちや行動、言葉を理解していくようになります。

言葉で伝えること、心の中で思う気持ちは、全てではありませんが、猫さんに伝わっています。

また、猫さんのしぐさや日々の行動を観察していると「あ、ご飯が欲しいのね」「トイレの掃除を催促されてる」「こっち来いや言われた〜」等々、わかることってありますよね。

 

言葉では理解しにくいことでも、お互いの行動やしぐさで、ある程度の理解は出来ています。

アニマルコミュニケーションでは、その行動やしぐさの、もっと深い意味合いを知ることが出来ます。

 

もっともっと、猫さんと仲良くなりたい。そんな飼い主さんのお手伝いを致します。


 

ご依頼前に、こちらをご確認下さい。

1 当店は猫さん専門です。基本的に猫さんとのセッションのみ受け付けています。

  猫さん以外の動物さんとのやり取りを希望される方は、その旨お伝え下さい。


2 赤ツナギ宅の飼い猫・保護猫の生活を大事にする為、月に行なうコミュニケーションの本数に限りがあります。
  ご理解・ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

 

3 飼い主さんからのご依頼のみです。
  お知り合い・友人さんの飼い猫さんを観て欲しいとの依頼には、お応え出来ません。


4 飼い猫さん、お家に保護されている猫さんに限ります。
  飼い主が居ない猫さん、外暮らしの猫さんとのやり取りは致しません。

 

 

~依頼主さんとのお約束~

飼い主さんのことも大切に思っていますが、まずは猫さんの気持ちを第一に考えます。

宜しくご理解ご了承の程、お願い申し上げます。

 

1 飼い主さんの許可なく、アニマルコミュニケーションを行いません。

2 猫さんの気分や事情を優先します。

  飼い主さんにはナイショにしてとの申し出が猫さんからあった場合は、内容の一部を

  お伝え出来ません。

3 アニマルコミュニケーション後は、猫さんもお疲れの場合があります。

  終了後は、必ず猫さんをお労り頂き、沢山の愛情を伝えて安心させてあげて下さい。 

 

 

よろしくお願い申し上げます。

赤ツナギ

Posted by 赤ツナギ