ブランちゃん 預かり日記

こんにちは、猫専門アニマルコミュニケーターの赤ツナギです。

 

今日は、私の元保護猫・ブランちゃんをお預かりした時のことをば。

 

預かりする理由

我が家の里親募集の方針として、保護主の我が家宅が猫にとっての「実家」
里親さん宅が「婚家」という意識があります。

これは、里親さんにも、そーゆー気持ちでOK?と、お問い合わせ時にお伝えしていて、ご了解頂いております。


実家の父母としては、健やかに暮らしている様子をご報告頂きたいし、病を得て辛い時は多少の支えになりたい。

もっと言えば、婚家とお嫁に行った子に何かあったら、実家としてフォロー&サポートしたい。

そう思っています。

 


諸事情で一時的に一緒に暮らせない・もう飼えない、そんなドピンチもですが、

旅行に行く間、そちら(我が家ね!)で預かって欲しいというご要望も、喜んでお受けしています。

 

 

っちゅーワケで、年に一度ご夫婦で旅行に行くブランちゃんの里親さんが、我が家に可愛いブランちゃんを連れて来てくれましたー!!

 

ブランちゃん「…聞いてはいたけど、どういう事?」

 

ちゃんと君の里親さんご夫婦から、説明聞いてたでしょ?

そーゆーこっちゃん! 観念しなはれや…ウフフフフ!

 

ブランちゃんが来た時の様子

「お〜、めっちゃ懐いてくれるやん💓」と、里親さんが大喜び。

我が家へ来たことある方なら、もうおわかりですね。

 

保護猫のトラちゃんと、飼い猫のたぬ美ちゃんでーす!

キジトラのトラちゃんと、三毛猫のたぬ美ちゃん。

 

ちょ、たぬちゃん、やり過ぎちゃう? 妬くデ!!!

 

その時のブランちゃん。

室内をキョロキョロ観て、不安そうです。

そして、明らかに「アイツ、何デレデレしとんねん💢」顔してますわなw

 

里親さんから、普段の暮らしぶりを直に色々お聞かせ頂きました。

アンタ、ホンマに幸せな暮らしして…良かったなぁ!!

 

奥さんから、どんな事情でココに来たのか、いつ迎えに来るのか、それまでお利口さんにしててね…大好きよブランちゃんと、散々言って貰うブランちゃん。

 

ご主人から、どんなハードな知的遊戯するかや、つれない態度を自分にするかをお聞きして、あぁブラン最高の遊び相手と出会えたんやなぁ…としみじみする赤ツナギ。

 

ご夫婦からくれぐれも宜しくとお願いされ、しっかりお預かりすることを誓ってお見送り。

 

さて、様子はどないかいなっと。

 

我が家の猫達の反応

里親さんがお帰りなると、早速ブランにいちびりかけるのは、飼い猫たぬ美ちゃん。

続いて保護猫・エミーナ、腰を落として様子見に来たのは、保護猫・柊くん
キャリーの背後から、そっと様子見してるのは、保護猫・カズエちゃんです。

 

引き続き、保護猫・ハルくんと、保護猫・ハジメくん

保護猫ダジャンくんは、そっとお顔をチラ見するのみ。

たぬちゃんが監視員のように横に居るのが、笑えます。

 

預かり中のブランちゃん

まずは、3段ケージにお入り頂きました。

さすがに来てすぐにケージフリーには出来ません。

ブランもやけど、ウチの猫達も不安やからね。

 

カーミングシグナルを出しているのは、保護猫・こむぎちゃん

保護猫・柊くんと、保護猫・ハジメくんは遠巻きに観察。

あ、保護猫・カズエちゃんはケージの天井に居たのね。

気がつかなくて、ゴメンなさーい!!

 

そして我が家一、猫社会性が高い保護猫・ダジャンくんは、ブランの視界に入るギリギリの位置でブランを観察。

ウ〜&シャー!!!のブランに、誰も何も言いません。

全員がブランの心情を理解し、慮っています。

 

ム顔のブランちゃんですが、触れるし撫でることも出来ます。

顔は怒ってますが、心細いので撫でるとホッとした表情に。そらそやな。堪忍な。

 

ご主人さんから託された、ブランの一番お気に入りのボール。

これでしか遊ばないのだとか。 遊ぶか?

このボールは、ご主人さんと遊ぶ用で、他の誰ともこのボールで遊ぶ気はないとのこと。

 

あのね=アニマルコミュニケーションで聞いてみても

「アイツ(里親さんのご主人さん)との対戦用の大事なボールやの。触らないで」

さよでっか。ほな、失くしたらアカンさかいに、キャリーに入れてなおしとこな。

 

私がこのボールを触ること自体、イヤやった様子でした。

大事にしてるんやね✨

 

預かり初日は、お家の匂いが染み付いてる持参の毛布にしがみついて就寝。

翌日から、ケージから出たいと言うので、トイレ(大&小)したら、出したげまひょと約束。

その日の内に、トイレを済ませてくれました。

お約束通り、ケージフリーに。

 

すると、迷うことなく室内をトレース。

その様子から、間取りは覚えてるんやなと確信。

たぶんそうかも?と思いながら室内をトレースして、ココが昔暮らした家だとわかったブランちゃんでした。

賢い!!!さすがブランちゃん✨

 

そして、我が家の猫達全員が、ブランに唸られても威嚇されても、大人しくしてました。

全員、ブランが苛立つ理由が分かっているので「オイ、そこらへんにしとけや💢」とは言わないのです。
ま、気持ちわかるし、すぐ治まるやろうしな…と、静観。

偉い!!ウチの猫達✨

 

 

その後のブランちゃん

唸ったり威嚇したりと、ゴキゲン斜めながら、素早く馴染んでくれました。

 

私が寝室から出て来ると、私好きな猫達が朝の挨拶に来てくれます。

その挨拶団に、ブランも参加。

 

でも怒ってますw

あぁダジャンの耳がシュンとしてるぅ〜! ゴメンやで!!

ダジャンに唸るくせに尻尾は立ってる。

ま、ブランがゴキゲンさんで良かったわな。な、ダジャン

 

カリカリもウェットも、しっかり食べてくれます。安心安心♪

 

文句言いながらも、保護猫時代と同じような行動をしていました。

 

かと思えば、どつく。(でも空振り)

お里が知れる…お恥ずかしい!!

 

こんな調子で、ブランちゃんのお預かりは、無事終了しました。

3日目には、私達夫婦に甘え出してくれましたよ💓

旦那さんには、ちょっと警戒してましたが、お迎え前日ぐらいにはスリスリしていました。

 

 

アニマルコミュニケーターとして観たブランちゃん

ブランちゃんは、里親さんご夫婦、特に奥さんから、しっかりと事情を話してもらっていました。

 

猫に人間の言葉なんてわからない。そんなこと思っちゃぁイケマセンよ?

私達が思っている以上に、動物は人が何を思っているのか・伝えようとしているのかを理解しようとしています。

言葉だけでなく、しぐさや表情、普段の行動との相違、ありとあらゆる情報を収集して、その鋭い観察眼で判断をしています。

 

 

ブランちゃんは里親さんから、次のことを言い渡されていました。

①必ず迎えに来ること

②朝が来て、夜を迎えて寝るのを何回したら、お迎えが来るのかを教える

③大好きで離れがたい、でも旅行に行くことを許してねと言葉と態度で伝える

④大好きで大好きで大好きよと、幾度でも言う

ブランちゃんが我が家で比較的素早く、かつまぁまぁリラックス出来たのも、里親さんがしっかりと上記の内容を伝えていたからでした。

 

ブランちゃんに、里親さんご夫婦をどう思っているのか、聞いてみました。

 

「お父さん? アイツね(すいません、アイツって言ってます…)憎たらしいの。

だってアタシよりちょっとだけ賢いねん。

アタシが隠したボール絶対見付けんねん。

 

『ナイわ、どこやったブラン💢』言いながら、長時間探して絶対見付けるの。

ほんで、ほらよ!って飛びっきりの笑顔でまた投げてくれんねん。

めっちゃ嬉しいやん。憎らしいやん。

もっと頭使った遊び、アイツとしたいわぁ。

ほんで『くっそーどこやった?見つかれへん!ブランめ〜!!』って言わせたい」

 

ふむふむ、ブランちゃんにとってご主人さんは好敵手なんやな。

だからあのボールに触られたくなかったんやな。可愛いやっちゃなあ〜。

 

 

で、お母さんのことは、どう思ってんの?

「お母さん、大好き!毎日可愛いね、ステキよ、賢いねって言ってくれるの」

「アイツみたいに悪口絶対言わへんし、そんなん思ってもないの。スゴくない?スゴイよね✨」

「アタシの全てを受け入れてくれるの…満ち足りた気持ちで一杯になるの。

前のお家では、足りないなぁと思ってたのに、今は満タンで溢れそうやの」

 

ブランちゃんにとって、追い求めていた理想のお母さんが、奥さんでした。

奥さんの話をする時のブランちゃんの穏やかなお顔ったら…。

良かったなぁ。ホンマに良かったなあ。

 

ほんで、我が家では満たせてあげれんくてゴメンやで。

色々お話聞かせてくれて、ありがとう。おおきにな。

 

 

保護主としての感想

我が家で過ごした保護猫時代の方が、里親さん宅で過ごしている時間より長い。

でも、ブランちゃんにとってのお家は、里親さん宅なのです。

本人も、その自覚がハッキリとあります。

 

長く過ごした実家より、婚家である里親さん宅がイイ。

そう思ってくれているのが、とても嬉しかったです。

 

里親募集、やり続けていて、良かった。

保護猫が密かに願っていた思いを叶えてくれる里親さんに、巡り会えるお手伝いが出来て良かったです。

 

ブランちゃん、また来年もおいでや。

待ってるで〜!!!!