チャーコの場合 2回あのねモニターレポート

去年、アニマルコミュニケーターとして活動を始めた時に、モニターさんを募集しました。
今日から、その時のモニターレポートを続々とお届けしますねー!!!


まずは、猫友のMIKIさんが保護して里親募集中のチャーコくんから。

 

チャーコくんの状態

チャーコは適正飼育が出来ない飼い主さんから引き出した、3匹の猫の1匹。

里親募集は私が担当し、保護してお世話する係は、MIKIさんが担当しています。

 

保護時から重度の猫風邪持ち、副鼻腔炎持ち。
保護後、肺炎、膵炎、心臓病と、次々発覚する持病。



MIKIさんが、きめ細かいケアを根気よく続けてくれています。

 

性格は、おおらかでマイペース、物怖じせず、お客さん大好き!
爪切り・シャンプー、何でもOKっ子の押し強めの甘えん坊さんです。

 

MIKIさんからの質問

MIKIさんからチャーコに聞きたいことは、どこがしんどい? 

して欲しい事と、して欲しくない事教えて? でした。

 

 

チャーコくんとの あのね は、こんな感じでした。

 

赤ツナギ(以下、赤)  「チャーコ、具合はどない? 特にどこがしんどい?」

チャーコ(以下、チャコ)「息がしづらいわ。特に鼻と喉。吸っても吸っても足りん」

※この時、チャーコくんの胸の少し下と背中辺りに、軽い痛みを感じました。

 

チャコ 「あんな。MIKIに言うてくれるか。大丈夫?大丈夫?って、やたら聞いてくなよ」

    「心配したかて、しゃーない。オレの体は、前々からグツ悪いねん」
(注:グツ悪い=具合悪い)

 

チャコ 「しんどいのが治まるのを、待つしかない。

アレコレしてくれるのは有り難いけど、どんならんコトの方が多いもんや。

どない転んだってかまへん。オロオロせんといてくれ」

 

 

赤 「そうは言うても、チャーコも嫁ぐまではMIKIさんの大事な家族や。面倒みたいんやで」

チャコ 「そやったら、オロオロせんとドンと構えててくれ。オレは死ぬまで、悠悠自適に過ごす気や」

 

「MIKIは、毎日ゴキゲンでオレの為にイソイソとご飯やトイレ掃除して、キレイにしといてくれ」

 

チャーコくんは、自分の体が健康でないことも、持病でよく体調が崩れることも承知でした。

それを不満には思わず、自分の生きたいように生きていく、いつどうなっても後悔はないと悟っていました。

 

チャーコの持つ鷹揚さを、私達(募集主の私と保護主のMIKIさん)は最初マイペースと捉えていました。

一緒に暮らす内に、そのマイペースさは、かな~り器の大きい持ち主ゆえでは?と、MIKIさんは感じていました。

 

死ぬことを一切怖れず、今生を楽しくゴキゲンに過ごすことに心を砕いているチャーコくん。

予想以上に器が大きいと言うか、生き方上手な子とわかりました。

 

チャコ「あんな。MIKIに、化粧して爪も長くてキラキラさせといてくれって言うといてーや」

赤 「チャーコは、キレイにお化粧してお出かけファッション的なんが好きなんか~」

 

チャコ「そらそや。自分のオンナには、いつもキレイにしといて欲しいわ。自慢なんやから」

 

MIKIさんはオシャレ女子で、いつ会ってもバッチリお化粧してて、マニキュアもステキ。

正直、ワシも憧れております。 っちゅーか、チャーコはキラキラが好きなんやな。

 

 

チャーコくんの教え

持病があって時折とても苦しくなることがあっても、チャーコはそれを素直に全て受け入れてます。

 

そんな自分を、怖がらずに明るく朗らかに面倒みてくれれば良いんだよと、気負いがちなMIKIさんを労っていました。

 

こんな性格だからこそ、前の飼い主宅からMIKIさん宅に移っても、すぐ馴染んだんやな。

MIKIさん宅の飼い猫さん達とも、ケンカもせずお互いのペースを干渉せず、やっていけるんやん。

募集主の私は、そう感じました。

 

 

チャーコ、あんまりMIKIさんを困らせんと、これからもノビノビ暮らしてや。

 

白猫のミルキーくん「チャコ兄は、言われんでもそないするデ」

そやな、ミルキー。

 

居場所を確保するのが滅法上手いチャーコ、苦手なミルキー。

同じ家から来た2匹でも、個性はそれぞれ。

 

チャーコの器の大きさと、女性の好みが知れて、楽しいアニコミでした。
MIKIさん、ありがとうね!!