2月限定のセッションお知らせです

2019年4月17日

この冬亡くなったあの子へ

こんにちは、アニマルコミュニケーターの赤ツナギです。

この2月限定のセッション「この冬亡くなった あの子へ」のお知らせです。

※2月限定セッションは終了しました。

最近、フェイスブックでもツイッターでも、大事な家族が亡くなったとの投稿をよく見かけます。

冬、特に1月2月は、長らく闘病していた子や、持病のある子が、しんどかった体とサヨナラする季節。

心筋症で亡くなった、保護猫ターフちゃん。

ターフちゃんの妹猫、オッズちゃん改めミミちゃん。

里親さんに迎えて貰い、先住猫さんと幸せに暮らしていましたが、ターフちゃんと同じく

心筋症を発症し、亡くなりました。

 

行き場のない猫達の保護・里親募集している我が家でも、12月~2月は、見送った子達が多く、胸が痛む時期でもあります。

腎不全で亡くなった保護猫・ヨキちゃん。

 

大事な猫さんを見送った飼い主さん達の辛い気持ちは、我が事のように思えます。

あの辛さ、虚しさ、倍々していく後悔の気持ち。

 

「これで良かったんだ」とわかってても、泣かずにはいられない。

「ありがとう、大好きだよ。よく頑張ったね!!」そう言えたとしても、涙は止まりません。

 

大事なあの子が亡くなったのですから、見送った今は、思い切り泣いて欲しい。

それがフツーですわ。

 

少し落ち着いたら「あ。アレ言い忘れてた!!!」

そう思うこと、あるのではないでしょうか。

そんな時に、お役に立てたらと思いまして、亡くなって間無しの飼い主さん向けに

アニマルコミュニケーションのセッションを行います。

 

生前、うっかり伝え忘れたこと、直接言うてたけど改めてもう一度伝えたいこと。

そんなことを、旅立って間無しのあの子に、お伝えします。

セッション代金は、¥5000です。

 

このセッションに関しては、猫さんだけでなく、犬さん、ウサギさん、ハムスターさん、鳥さん等々、他の動物さんでも承ります。

 

旅立った猫さんも「あ、言うん忘れてたわ!!!」なこと、結構ありますしね。

辛い気持ちが少しでも安らぎますように。

心を込めて、お気持ちを伝えます。

 

 

お申し込みは、こちらからどうぞ。


 飼い主参加型あのね2回あのねお試しあのね今週のあニャたへ