イヴさんからのプレゼント

こんにちは、猫専門アニマルコミュニケーターの赤ツナギです。

 

先日行った、イヴさんとのあのね。

 

実はイヴさんから、思いがけず、ステキなプレゼントを頂きました。

今日は、そのお話です。

 

 

 

イヴさんからのプレゼント

イヴさんとあのねする前後、衰弱した子猫を保護しました。

勤務するガソリンスタンドの常連さんの自宅に、置き去りにされた子猫を保護し、自分では世話出来ないからと私に託しました。

あいにく、保護翌日に亡くなってしまい、落ち込みながら寝たその晩。

 

イヴちゃんが夢に出てきました。

 

 

「昨日はありがとう。お礼をしに来たの。あなたが一番喜びそうなモノを用意したわ」
そういってイヴちゃんは、亡くなった子猫ちゃんを連れて来てくれていました。


イヴちゃんの後ろから、ひょこっと顔を出した子猫は、確かに亡くなった子猫ちゃんでした。


保護した子猫は結膜炎が酷く、目が開いていませんでした。

 

投薬でやっと目が開いたものの、脱水と衰弱で目は釣り上がり、お世辞にも可愛いと言うお顔ではありませんでした。

 

亡くなってからも、この子は本来どんな顔をしていたんだろう。

きっと可愛かっただろうに、観ることは叶わなかったな…と涙に暮れていました。

まさか、イヴちゃんがその願いを叶えてくれるなんて…!

子猫ちゃんはふくよかな体格と可愛いお顔の姿で現れました。

※フリー画像で、近い写真を探したらコレかなと。

 

目はパッチリと開き、少しタレ目でした。瞳は暗めのグレーでした。


子猫ちゃんはイヴちゃんの足元でじゃれ、スリスリゴロゴロして楽しそうでした。
大人猫がそばに居て嬉しい。そんな気持ちで溢れていました。

 

「この子は私が連れて行くから安心してね」と言って、楽しそうに去って行きました。

 

プレゼントを貰って

もうね、号泣ですわ。

 

まさか、あの子に、しかも成長した姿を見れるなんて、思ってもみませんでした。

上手く育てることが出来たら、あんな感じに育ってくれたんだな…。

今は安心してイヴちゃんに甘えて、ニコニコと笑顔なんやな。

良かったな…本当に良かった。

 


イヴちゃんの飼い主さん。本当にありがとうございます。
ご依頼してくれたお陰で、思いもかけないプレゼントを頂戴しました。

 

亡くしたばかりなので、あの子とあのね=アニマルコミュニケーションしようという気は、まだありませんでした。
ただただ、後悔に苛まれていました。

 

それが、こんな形で癒やされるなんて…。

まさか、お礼しに来てくれる子が居るなんて。

 

あのね=アニマルコミュニケーションしていて、本当に良かった。

 

これからも、猫さん達と飼い主さん達の為に、ワシャー頑張りますで〜!!!

 

 

 

猫の日キャンペーン開催します

まずは、7月22日の、猫の日キャンペーンを頑張りまっさ!

Twitterからは22名の飼い主さま、当ブログからは10名の飼い主さまから承ります。

皆さん、22日(もう今日だー!!!)、宜しくご参加の程、お願い申し上げます。

 

 

赤ツナギ