亡くなった子との あのね ブーケの場合

来月から始める、亡くなった子へありがとうを伝えるセッション。

ウィッシュに続いて、我が家で看取った保護猫達との あのね =アニマルコミュニケーションをご紹介していきます。

 

ブーケちゃんとの あのね

今日ご紹介する あのね は、私が初めて看取った保護猫・ブーケちゃんです。

 

推定生後半年過ぎの頃に保護したブーケ。猫白血病陽性でした。

2歳になる前に、発症して亡くなりました。

 

 

ブーケちゃんの保護経緯

ブーケは、私が住むマンション前の大きな公園でよく見掛けました。

 

公園前に建設業の会社があって、ブーケはそこで飼われていました。
飼われてるといっても、どちゃくそ汚い敷地内にエサをばらまき、寄って来たら可愛がる。
病気や怪我をしても「可哀想やねんけどな」と、放置。


公園に沢山居る野良猫達を、気ままに可愛がるだけのおっさん達のオモチャでした。

 

公園に居る野良猫達を次々と捕獲し、不妊手術を受けさせ、ワクチン接種し、また公園に戻す。
そういった活動をしている時に、おっさんと知り合い、世話している猫達をキチンと飼うよう話したり、不妊手術を受けるよう勧めていました。

なかなか「そないするわ」とは言わん おっさん。


そうこうする内に廃油用ドラム缶に落ちてしまったブーケを「コイツも頼むわ」と、一万円を付けて渡して来ました。

やっとかい!! 

 

おっさんは不妊手術済んだら返してくれと言ったけど、あんな所に戻せない。

色々話し合って、ブーケは我が家の保護猫になりました。

 


生後6ヶ月を過ぎていたにも関わらず、小さいままのブーケ。
とても不妊手術には耐えられる体ではなく、我が家で養生しながらの生活が始まりました。

外生活で培ったコミュニケーション能力の高さに、私達は幾度も舌を巻きました。
その時の様子は、こちらからどうぞ。

 

私達は、ブーケから沢山のことを学びました。

保護活動を始めて、最初に看取ったのがブーケ。

是非、ブーケには沢山のありがとうを伝えたい。

 

では、ブーケとの あのね です。

 

 

ブーケちゃんとの 会話

ブーケ!! お母ちゃんやで! ありがとう言いに来たデ!!!!

 

ブーケちゃん「別にさぁ、わざわざ言いに来んでもえーんやで?」

ふ。相変わらず、ドライやな…。えぇけど。

 

 

まあえぇわ。何しか、ウチに来てくれて、ありがとうなブーケ。大好きやで。

 

ブーケちゃん「はいはい、ヨシヨシ。アンタも手がかかる子やったなぁ」

保護猫・コイちゃんを抱っこするブーケ。

 

手がかかる子って、一緒に寝ているサビ柄のコイちゃんがか?

え、アタシ(赤ツナギ)のこと?

 

ブーケちゃん曰く、私はとても手のかかる子だったらしい。

全力で物事に当たり、感情の起伏が激しく、右往左往するくせに、妙に根性据わってる。

ブーケから観たら、私はそんな子だったらしい。

 

 

そうなんや。 そうなんか!! 笑かしてくれるな~。

ブーケは見た目は子猫でも、精神はちょっとひねた面がある、達観した大人だった。

やっぱり、猫を助けてるつもりで、猫に助けられて来たんやな。

 

ありがとう、ブーケ。

アンタのお陰で、お母ちゃん少しは出来が良くなったと思うわ。

また気が向いたら、いつでも様子観に来てや。待ってるデ!!!!

 

 

赤ツナギの感想

ありがとうとか、楽しかったわなんて、一言もなく、でも慈愛に満ちたブーケに会えることが出来ました。

 

今になって、どんなふうに思われてたか分かるなんて、面白いというか

もっと早よ言えや!!!っちゅーか…。

 

やっぱり亡くなった子と話せるのは、嬉しくも辛いモンですわ。

辛いけど、話せて良かった。ありがとうを言えて良かった。

ブーケ、ありがとうな。おおきにやで。

 

 

亡くなった子へありがとうを伝えるセッション、受付はこちらからどうぞ。

セッションは8月から始めます。早期割引を是非ご利用下さいね。