亡くなった子との あのね ヨイチの場合

8月限定のセッション「亡くなった子にありがとうを伝える」

受付を開始しています。

 

※早期割引あります。

 

 

飼い猫ヨイチとの あのね

私達夫婦にとって、初の飼い猫だったヨイチ。

子猫で保護したヨイチは、猫エイズ陽性でした。

 

エイズを発症し亡くなりました。享年6歳。

 

ヨイチが亡くなった時の記事です。

今読んでも、自分が書いた記事なのに、大汗と涙が出てしまう…。

この辛さは、これからもずっと持って行く、宝物の1つです。

 

 

ヨイチとのあのね

 

私はヨイチとは、若干距離を置いて接していた。

一人っ子だったヨイチ、次々と保護猫が増えていくのを、そらぁ嫌がってましたわ。

だから、ちょっとだけ。ちょっとだけ、距離を置いていた。

それがいまも負い目になってるけど、それはそれで横に置いといて…と。

 

ヨイチ、久しぶり! お母ちゃん、ありがとう・おおきにやでを言いに来たヨ!!!

 

ヨイチくん「はいよ、久しぶりやな。やっと呼んでくれたか。遅いわ」

 

うえーん、ヨイチヨイチ~!!!!

 

 

ヨイチの胸元に、私からと旦那さんからの愛情を入れる。

ヨイチの胸から足にかけて、首が短めの白い壷が置いてあって、その中に愛情が入っていく。

入れても入れても入っていく愛情。

 

壷の中から優しい光りが少し洩れてるのが見える。

 

 

ヨイチに、ありがとう・可愛かったね・カッコ良かったわな・その毛並みがめっちゃ好きやでと伝える。

穏やかに微笑むヨイチ。

 

生前よくしてくれたように、チラッとこちらを観てからスリスリしてくれた。

フサフサの尻尾で私の顔を撫でて、アッサリと去って行ってしまった。

 

 

え。アンタ、そんだけ?

 

お母ちゃん、ありがとうとか、フツー言わん? 無しかい!!!

なんて冷たい奴っちゃ! コールドやで!!!

 

 

 

めっちゃ身構えてたのに、久々に会えたヨイチは「ほな、またな」も言わずに去って行きました。

でもきっと満足してた筈。

 

だって、あのフサフサ尻尾を立てて、少し揺らしながら去って行ったんやもん。

ヨイチ、またな。

 

ありがとうを伝えられて、お母ちゃんホッとしたわ。

ありがとう、おおきにやで。

出来たら次は、もっと愛想よぅしてや💢

 

 

亡くなった子との あのね を希望される方は、こちらからお申し込み下さいね〜。

8月限定セッション【 申し込みフォーム 】