猫の日キャンペーンありがとうございました!

こんにちは、猫専門アニマルコミュニケーターの赤ツナギです。

 

5月22日の「猫の日キャンペーン」、ご参加下さった皆様、ありがとうございました!

 

Twitterからのご参加は、22名の飼い主さま。

Facebookからは、1名。ブログからは、4名の飼い主さまから、ご参加頂きました。

 

※ブログから参加された方で、猫さんの写真をお送り頂いてない方が居ます。

今からでも構いませんので、ぴあちゃんのお写真拝見させて下さいね。
宜しくお願い致します。

 

 

 

キャンペーンを終えて

 

普段は、ご依頼頂いてから、心身を整えてセッションを開始します。

キャンペーン時は、前日から心身を整えておいて、当日ご参加の申し出を確認してすぐ、セッション開始しています。

 

前にも言いましたが、出稽古のような、次々と現れるライバルに挑んでは組み合う、そんな感じです。

今回も、いっちょ揉んでもらいましたわ…経験値を積むには、もってこいです!

 

猫の皆様、本当にありがとうございました。勉強させて頂きましたぁ!!

 

 

キャンペーンでは、飼い主さんからの愛情を伝えて、その反応を観るだけのモノですが、実際はそれ以上のことがわかったり、猫さんから「聞いて欲しいの」と、続きを求められることもあります。

 

また、飼い主さんからも、一言二言、伝言めいたことを書いてはるのが、多々あります。

無料のキャンペーンですし、出来る範囲だけ、それとなく記してます。

 

気になった方は、こちらをご覧の上、ご依頼下さいね。



 

 

 

飼い猫としての幸せ

 

当たり前ですが、一人一人にエピソードがあります。

飼い主さんが語ることもあれば、猫さんが語ることもあります。

 

今回、参加してくれはった猫さん達にも、それぞれ色んな歴史があるのが垣間見えました。

 

辛い過去があった子、今とても満足した生活をしている子、不満をどうやって伝えようか考えあぐねている子。

圧倒的に多かったのは、やはり「大好きだと伝えて」でした。

 

飼い主さんが猫さんを思うように、猫さんも飼い主さんを思っていたり、心配したりしています。

 

何しか、楽しく日々を過ごしている子が多くて、とても嬉しくホッとしました。

これこそが、飼い猫としての幸せやねんなと、改めて思いました。

 

 

愛情を注ぐと、その子なりに色んな表現しますよね。

注がれた愛情を全身の隅々まで行き渡らせる様子は、それはもう美しく見事で、生き生きとしています。

大事にしてもらえる、愛されるというのは、こんなにも嬉しくワクワクするモンやねんな…と毎度感動します。

 

 

来月もまた、22日にキャンペーンしますので、またご参加下さいね!

 

次はTwitter枠を増やそうかな〜。