「猫専門」の 理由

こんにちは、赤ツナギです。

猫専門のアニマルコミュニケーターとして、2018年10月から活動を始めました。

 

 

「なんで、猫専門なん? 犬とか、鳥とか、ウサギとかは、なんでアカンのん?」と聞かれます。

いやいや、アカンわけやナイです。

実際は、猫でも犬でも鳥でもウサギでも、アニマルコミュニケーションは出来ます。

 

ほなーなんで「猫専門」にしたのか。今日はそれをお知らせしますね。


猫専門にした理由

それは単に、私自身が猫以外の動物と、今は暮らしていないからです。

 

猫のことなら、10年以上続けて来た、行き場のない猫の保護・里親募集活動で、ごっつ経験を積みました。

今まで保護した猫達から、どれだけ教えて来られたことか。

 

助けて来たつもりが、助けてもらうばっかりでした。

 

 

保護した猫達の一部、ご紹介

2009年3月に保護し、我が家で看取ったサウスちゃん

 

様々な猫が居ました。

2011年夏に保護し西宮在住のご夫婦に迎えて貰った、しおちゃん

 

その1匹1匹が、その子にしか持っていない個性を発揮してくれました。

2011年9月に保護し、西宮在住の里親さんご夫婦に迎えて貰ったジーナちゃん

 

里親募集中のエミーナと、我が家で看取ったヨキちゃん

 

飼い主さん急死につき保護したりゅう君。保護時17歳でした。

 

2015年の保護した子猫のローザちゃん。

 

 

 

里親さん宅で過ごす、幸せな子達(一部)

我が家で保護生活を送って居た時には発揮出来なかった性格を、迎えてくれはった里親さんが

大きく花開かせてくれた事は、それはもう沢山ありました。

里親さんに迎えて貰って幸せに暮らす、キャラちゃん・ハナちゃん・プレスちゃん。

 

 

そして、我が家で看取った子達。

あの時の辛く悲しく、悔しい気持ちは、常に生々しく私に寄り添っています。

 

そういった経験を、アニマルコミュニケーションで全て活かしていきたい。

そう思っての「猫専門のアニマルコミュニケーション」です。

 

 

猫さん以外も受け付けます

とは言え、ウチのワンコさんとアニマルコミュニケーションして!!と、ご要望ありましたら

喜んでお受けします♪

 

ワンコさんも大好きなのです。

かつてはワンコ数匹と暮らしたこともあり、カーミングシグナルを習いに行ったこともあります。

ワンコさんも可愛い…!!!

 

 

保護猫頭数がヒトケタになったら、中型犬を迎えようと思ってる内に、もうすぐ50歳。

これから中型犬を迎えるのは、無理やな~。残念!!


っちゅーワケでして、猫のことなら自信あります。
猫さん以外の動物のご家族さんとも、セッション可能ですので、お気軽にお申し込み下さいね。


 飼い主参加型あのね2回あのねお試しあのね今週のあニャたへ愛情を伝える