トロくん 本編〜2回あのね モニターレポート

2019年4月17日

さ~、前の記事でご紹介しました、トロくんのアニマルコミュニケーション本編ですよ!!

同居猫ちゃあちゃんのアドバイスに従って、朝日が昇ってしばらくしてからトロくんを呼んでみました。

 

 

トロくんとの あのね まずは、ご挨拶

トロくん「おはよう。昨日のおばちゃんだよね。ボクに何の用?」

赤ツナギ「おはよう、トロくん。君のお母さんから頼まれて、お話聞かせてもらいに来たんよ。宜しくね」

 

昨夜よりは随分ゴキゲンながら、その機嫌は不安定な様子。

…体調が悪いのかな? 何か病気でも持ってるか、始まったのかな。

何しか、ご不満な様子のトロくんです。

 

 

ご挨拶が済んだので、トロくんの胸に飼い主さんからの愛情を入れます。

コレはアニマルコミュニケーションをする時の、最初の儀式。

飼い主さんの愛情を受けるか受けないか、受けるとしたらどんなふうに受けとるのか。

それによって、対応を変えたり、猫さんの現状を知ることが出来ます。

さて、トロくんは、どうかな?

 

飼い主さんからの愛情が、トロくんの胸から体全体に広がっていきます。

ホットケーキにバターや蜂蜜が染み込んでいくように、しっかりじっくりと染みていきます。

ジワジワと染み込んだ、飼い主さんの愛情を感じて、さてトロくんの反応は…?

 

トロくんの反応

トロくん、ワンワン泣き出しました。

「お母さんに会いたかった。会いたかったよー!!!」と突っ伏して号泣。

 

泣きたいだけ泣いてもらおうとしばらく様子見をして、泣き止んだところでお話を始めました。

 

トロくんの今の心情

一緒に暮らしているのに、どうして「会いたかったなの?」と聞いてみました。

「ボクを見てくれないんだ!一番に見て欲しいのに、声をかけて欲しいのに、ちゃあが先なんだ!!

ボクじゃないんだ!!」

そう言いつつも見せてくれた映像は、自分が先に声をかけてもらった場面でした。

たまに、ちゃあちゃんが先に声をかけてもらってる時があって、それが許せないと言ってましたが

どうやらこの言葉は、本心ではないようです。

 

飼い主さんとトロくんには申し訳ないのですが、ちょっと意地悪な質問をしてみました。

「じゃあ、ちゃあちゃんが居なくなれば良いのかな?」

この質問には、トロくんは本当にビックリして「そんなこと、思ったことない!!!ちゃあが居なくなるなんてヤダよ!!!!」と即答しました。

 

こんな質問をぶつけて本当にゴメンなさい!

トロくんの、ちゃあちゃんに対する本当の気持ちを、知りたかったのです。

 

トロくんはちゃあちゃんのことが大好きで、自分の全てを受け入れてくれ、サポートしてくれてるのを感謝しています。

今のトロくんは、素直に対応したり、自分に気を遣ってくれているちゃあちゃんに八つ当たりしてる状況です。

 

ちゃあちゃんは、飼い主さんがトロくんにも声をかけなかった時などに

「ね、トロにも声掛けた方がいいんじゃない?」と言いに行くことがあるのですが

それがトロくんには「いらんことチクんなや!」と思えるのでした。

 

長男坊は、意外にプライド高いんよな。どこのお家もそうよな~。

 

ヤキモチと八つ当たりで、場所をどかしたり威嚇したりしていますが、本当はそんなこと良くないとトロくんもわかっています。

でも、止められない印象でした。

 

トロくんがイライラしている原因は、ダメなことをしている自分に対してです。

ちゃあちゃんはトロくんの苛立ちをわかっていて、受け止めてくれています。

2人とも、どうしたらいいのかと思いながら、日々を過ごしています。

 

トロくんと ちゃあちゃんの現状

ちょっと往生しながら日々を過ごしている、トロくんとちゃあちゃん。

でも深刻というか、重大化はしていない雰囲気でした。

ちゃあちゃんは、トロくんがどんなに荒れてもトロくんはトロくんだしねと思っていて

重大な変化だとは、感じていません。

 

トロくんは「ボクはどうして、こんなに子供みたいになっちゃったんだろう」と

シュンとしてます。

 

う~ん、本人は悩んでいても同居猫のちゃあちゃんは「ちょっと困るけど大丈夫よ」と思ってくれてるのが凄い!

一緒に過ごす家族の捉え方次第で、家庭内の雰囲気は違うモンやねんな~。

 

トロくんへのアドバイス

トロくんには「体調が変わっていく時期には、そんなこともあるよ。

ちゃあちゃんも飼い主さんも、トロくんがどんなに荒れても、トロくんのこと大好きやから、荒れたい時は荒れて今日は落ち着いてるな~と思える時は、ちゃあちゃんと仲良く寝たり

お母さんに甘えなよ?ね!!」と伝えました。

 

飼い主さんには、トロくんが何をしてもしなくても、トロくんのこと大好きだよ・ちゃあちゃんも同じよと、2人に伝えてあげてみて下さいねと、お願いしました。

 

トロくんのこの状態、人間で言えば、更年期障害みたいなものですわな。

15歳だったっけな、トロくん。

 

アニマルコミュニケーションを受けたことで、感情が激しく上下してたので、さぞ疲れたことやろうな。

ご飯食べる量も、増えていくかも。

 

季節が変わったり、ちょっとしたことで収まる場合もあるので、今はこうなのね~と穏やかに見守るのがよろしいかと思われるので、飼い主さんに、そう報告しました。

 

変化が始まるトロくん

そうこうするうちに、トロくんが飼い主さんを思う気持ちが、私に流れ込んで来ました。

色々話して感情を爆発させて、ちょっと落ち着けたんだろうな。

 

さて。落ち着けたのなら、もう少し詳しくお話聞かせてね、トロくん!

 

トロくん、色々話してくれました。

「イライラばかりするようになった自分だから嫌われているかも知れない。困った顔してるもん」

と、悲しそうな表情をしていました。

大丈夫だよ、そんなことでキライにならないよ。

心配ならおばちゃんが聞いてみるけど、どうする?と尋ねると

長い時間悩んでから「こっそり聞いてみて。もし困ってるとかキライなら、ボクはどうしたらいいのかも聞いてみて」と言ってました。

 

ここでもう一度、トロくんの胸に飼い主さんの愛情を一杯伝えました。

最初に伝えた時のように、ジワジワと体全体に染みて、今度は笑顔になってくれました。

 

 

一緒に暮らしていても、毎日触れ合っていても、気持ちがすれ違うことって、ある。

ちょっとしたことで、すれ違ってしまって、それが元に戻せないもどかしさ。

トロくんが感じていたのは、そーゆーことだったんだろうね。

しんどかったね。辛かったね。 誰が悪いワケでもナイんや。

たまたま、糸がからまったんや。そんだけのこっちゃ。

 

飼い主さんの変化

報告を受けて、飼い主さんがすぐさま対応してくれました。

 

「帰って来て、ただいま!は、一番にトロくんに言いました。

いつもなら、にゃあにゃあ鳴くちゃあちゃんが、大人しかったです。

トロも落ち着いてる感じ。

いままでは、トロくんのモヤモヤもわからずに、なぜちゃあちゃんと仲良くできないの?と、怒ってばかりいた自分を反省しました。

ちゃあちゃんには、ありがとうね!ちゃあちゃんも大好きよ!と声をかけときました」

お~ありがとうございます!!

 

飼い主さんが対応している時、まだトロくんと話していたのですが、トロくんの特大の笑顔が見えました。

ちゃあちゃんもホッとした様子でした。

 

 

ちゃあちゃんのご挨拶

これにて、1回目のアニマルコミュニケーションは終わりにしようとしたら

ちゃあちゃん登場。

 

昨夜とは違い、トロくんに声をかけながら現れて、お顔スリスリ&ナメナメ。

2匹はとても嬉しそうにしながら「またね~♪」と帰って行きました。

 

 

はあ~可愛かったなぁ~。健気やったな~。

そして、ちゃあちゃんの素晴らしさよ…。

登場するも、一言も発せず。わきまえてはりますわ。

さすが茶白猫さんですな!!

 

ちゃあちゃんとも、お話する機会があれば嬉しいなあ。

 

 

トロくん、今日はお疲れさまでした。

これにて、2回あのねの1回目は終了。

ゆっくり休んで、飼い主さんとちゃあちゃんからの愛情をたっぷり受けてね!

 

 

2回あのねのセッションお申し込みは、こちらからどうぞ〜☆


 飼い主参加型あのね2回あのねお試しあのね今週のあニャたへ