ノンちゃんの気持ち〜ご縁解消前後のあのね

こんにちは、猫専門アニマルコミュニケーターの赤ツナギです。

 

保護猫ブログでお知らせした「ノンちゃん ご縁解消」

 

ノンちゃんは果たして、どんな気持ちだったのか。

あのね=アニマルコミュニケーションで聞いてましたので、こちらでご報告します。

 

 

 

お迎え前日の あのね

ノンちゃんとは結構マメに、今まであのね=アニマルコミュニケーションしていました。

里親さんからは定期的に近況ご報告を頂いていて、困ったご様子の時には、積極的にあのねしました。

 

なので、お迎え前日のあのねも、すぐにノンちゃんの意識に繋がったし、ストレートに話すことが出来ました。

 

赤ツナギ「ノンちゃん、実家のお母さんや。明日、お父さんと迎えに行くからね」

ノンちゃん「何で?どーゆーこと?」

 

赤ツナギ「里親さんとお別れして、実家に帰るんや。夕方、迎えに行くからね」

ノンちゃん「ふーん(知らんわ)」

 

 

里親さんから事情の説明は受けておらず、私も説明するのは憚れて、迎えに行くとだけ伝えました。

ノンちゃんは「何で?」とは聞かず、何を言ってんだか…といった風情でした。

 

 

 

お迎え当日

 

この写真は、私達が迎えに行く直前のノンちゃん。

里親さんが撮影しました。

最初、両手が開いていたので「ノンちゃん、お手々揃えて?」と里親さんが言うと

すぐに両手を揃えてくれたのでした。

 

このように、里親さんとノンちゃんは、十分にコミュニケーションが取れていました。

 

 

私達が迎えに行くと「うっわ、ホンマに来たやん!」と驚くノンちゃん。

びっくりしてるものの、耳は立ってました

 

何何?何なん?とこちらをチラチラ。

私のことは見ずに、ひたすら旦那さんを観ます。

 

我が家に居た頃もそうでしたが、事情を知りたい時は、私でなく旦那さんに求めるノンちゃん。

必死こいてワケわからんこと言う私より、穏やかに事情のみを説明する旦那さんを信頼しているのでした。

 

そして、この一連の様子で、ノンちゃんは私達夫婦のことを、ちゃんと覚えていたのがわかりました。

 

逃げ惑うノンちゃんを追い詰める私。

結局は「ノンちゃん、実家に帰るよ。キャリーに入り?」と言いながらキャリーを近づけると、自分から入りました。

 

…こんなに、物分り良い子だったっけ?

 

 

 

家に向かう道中、ノンちゃんとあのねしました。

事情の説明です。

 

大人しく聞いてたノンちゃん。

どんな反応をするかと思ってたら「あの子、アタシがキライになったんじゃないのね?」

 

ノンちゃんは、自分が嫌われたのかと聞いてきたのでした。

聞いておきながら「そんな筈はない。あの子は確かに、アタシのこと好きだったわ…」と心の中で言ってました。

 

そうやねん、ノンちゃん。里親さんはノンちゃんのこと、大好きやったんや。

キライになったからやない、ノンちゃんのシャーやピュッと逃げる様子にショック受けてはったんや。

そーゆーのが平気になれなくてな、ほとほと疲れはったんや。

ノンちゃんも里親さんも悪くないからね…そんな説明をしました。

 

 

ノンちゃんから里親さんへ

家に着くまでの間、事情の説明や、ノンちゃんの気持ちを淡々と聞いていました。

ふとノンちゃんが「あの子に伝えといてくれる?」と、声をかけてきました。

 

 

以下、ノンちゃんから里親さんへの伝言です。

「大好きだったよ、大好きでいてくれてありがとう。

ビクビクオドオドしなくていいの。

そんな小さな物差しは捨てて、もっと大きくて透明でしっかりした物差しを持ってね。

その方が似合ってるんだから」

 


ノンちゃんが言うには、里親さんは物差しとペン?筆?みたいなモノを持っているそうな。

 

自分に合ってない物差しを大事に握りしめているので、アレを手放して、もっと自分に合う物差しを持てれば、思う存分ノビノビ出来るのに…と思っていたのでした。

 

 

事情は察しても、立ち入らない猫達。

 

里親さんからは、ノンちゃんにもうちょっと穏やかに接して欲しい等、要望を頂いていました。

あのねで、ノンちゃんに要望を伝えて、歩み寄ってくれへんかと、何度か頼みました。

 

ノンちゃんは里親さんの為に、自分を変える選択はしませんでした。

そんなこと言うなら、まずあなたが変わってみてよ。そう思っていたのでした。

 

そーゆートコが、私にはノンちゃんらしいというか、猫ってそうだよなと思える所でもあります。

 

 

ノンちゃんの、その後

 

保護猫ブログに掲載しましたが、ノンちゃんは、その後すぐに我が家に溶け込みました。

その溶け込みようは、短期入院して帰って来た、そんな感じでした。

アンタ、何なん…。ま、ダメージなかったならえぇけどな!

 

その記事は、こちら↓

 

ノンちゃんに、今回の件で、何がショックやった?と聞くと、『急に日常が変わったこと』でした。

 

そらそやな。 ホンマにゴメンやで…。

 

 

 

赤ツナギから一言

 

皆さん、猫さんには、ちゃんと事情の説明をしましょうな!

 

人の言葉なんてわからんって!とか思わず、一度だけでなはく、何回も説明してあげて下さい。

言葉はわからなくても、飼い主さんの気持ちを汲み取ろうと頑張ってくれてます。




気持ちと気持ちを、ツーツーにする。

 

え、ちょっと自信ないわ…そんな方は、是非私に、あのね=アニマルコミュニケーションのご依頼どうぞ。

 

心から、お待ちしておりまーす!!