旦那さんの手術、無事終了

こんにちは、猫専門アニマルコミュニケーターの赤ツナギです。

 

9月27日に、小腸の腸閉塞で入院した、私の旦那さん。

その後〜手術無事終了しましたので、お知らせしまーす!



病名&治療方針決定まで

フツー、症状や状態観て、病名告げられて、治療方針すぐ決めますやん。

それが「う〜ん、症例がないんですよね…。病名のつけようがなくて」

 

は? 要するに、病名つけんと前に進めんっちゅーこっちゃな。

ほなすぐ、仮名でえぇからつけなはれ。

猫の保護・里親募集でも、まず仮名つけるんや。

そうせんと、猫が落ち着かれへんさかいな。

 

「今後のことがあるので、適当に決める訳にはいかなくて」

ほなサッサと本命ならぬ、本名いや病名考えてつけたらえーやん!
大腸によくある病気なら、大腸なんちゃら症→小腸なんちゃら症にしたら、よろし。

グズグズしなはんな、グズ田グズ男と名付けるぞ!!!

 

 

そんなこんなで、検査結果を待ちつつ、先生方で何とか病名を付け(小腸性炎症潰瘍症だったか…?)、狭窄している2カ所を切除すると決定。

ここまでで、入院してから3週間ちょいですわ。グズ田グズ男!!!!

 

その間、旦那さんは点滴のみで、絶食継続中。

お水、コーヒーなら少しだけ、飴ちゃんは舐めて良いけど噛んだらアカン。

何しか固形物は厳禁。そんな生活が続きました。

 

いいかげん耐えられんと、外出許可を申請すると、アッサリ「いいですよ」

しかも、泊まってもかまへんと!

すぐに手続きして、週末毎に家で過ごす事に。猫達も喜んでいました✨

これで、お利口さん患者になるモチベーション整ったのでした。

 

 

 

手術に向けて

前に、心筋梗塞を数回やったので、血液サラサラにする薬を服用している旦那さん。

手術に向けて、その薬を減らしていきます。

 

代わりの薬を点滴で処方されることになり、外出禁止に。

免疫力も落ちて来ているので、止む無し。

 

そうこうしているうちに、執刀医の先生から説明を受けることに。

旦那さんの妹さんが、愛知から来て一緒に説明受けてくれました。

 

この時、時間通りに来た私に「先生は忙しいので、まだお見えではありません。そちらでお待ち下さい」と男性看護士が言うので、大人しく待ってましたんや。

 

実はもう説明始まってて、ほぼ終わりぐらいになって,別の看護士さんが「あちらの部屋でもう説明始めてます!」と、教えてくれてやな。

思わず男性看護士をマジで睨みましたデ。お前の顔は覚えたぞ…💢

 

執刀医の先生とはお会い出来たが、説明はもう終わっていた。

旦那さんの妹さんから、詳しい説明をしてもらいました。

 

その時、手術日にも来るからねと妹さんが言ういはって、わざわざ愛知から来て頂くの申し訳ないと返事すると「赤ツナギちゃん1人で、手術待ちの時間を過ごさせたくないの」と。

 

ワシャ泣いてまう程、嬉しかったですよ…。

本心では、心細さや不安があった。

でもえぇトシのおばはんが、そんなん思ったらアカン、しっかりせんと!と思ってたのでした。

 

果たして、手術日にも、旦那さんの妹さんが来てくれたのでした✨

ありがとうございます、おおきにです!!!

 

手術日当日

仕事を抜けて病院に付くと、丁度手術室に旦那さんが入った直後でした。

旦那さんの妹さんは早い時間に来てくれていて、様子を教えてくれました。

 

「手術用の短い服に着替えてね、弾性ストッキング履いて、妙なカッコさせられてたわよ笑」

ミニスカートに膝までの白ストッキングやな…コントか!!w


「ピクニック気分みたいで不謹慎かも知れないけど、どうぞ」

妹さんが、お菓子や果物、お茶等々、用意してくれていた。

朝焼いて来たという、シフォンケーキに、朝採れのキュウリ、私の職場へのお土産まで。

 

2人で、色んな話をしながら、お茶や果物を食べながら手術が終わるのを待ちました。

妹さんの娘さん(運転手役)も、合流して、尼崎と西宮の印象の違いや、私の母の天然話で盛り上がり。

そうこうしてると「手術、終わりましたよ〜。先生からの説明は、もう少し後になりますが、本人さんは目が覚めてウトウトされてますので、お会い出来ますよ」
お〜、もう会えるんだ!


今回は、開腹せずに腹腔鏡での手術でした。負担が軽くて良かった良かった!

 

真っ白な顔色で、汗いっぱいかいてる旦那さんでしたが、呼び掛けると返事可。

よう頑張った、偉い偉い!!

 

 

執刀医の先生から、手術の内容、今後の予想される状況や治療法、リスク等を聞いて、退院はどんなに早くても、2週間弱になると、報告頂きました。

 

何しか、無事済んで良かったぁ〜。

今後のことは、これから考えたらえーや。

今日は無事手術が済んだことを、素直に喜ぼう。

 

 

 

今まで何回も、入院手術を繰り返して来た旦那さん。

今回は、旦那さんの妹さんのお陰で、心丈夫に過ごすことが出来ました。

 

どんな時に心細くなるか、どんな時にどんな風に支えてあげるのが良いのか。

妹さんは、今までの経験から、そのことをよく考え、色んな人に寄り添って来はったんだろうな。

ご自身も、心細い目に幾度とあって来たそうな。

そして、同じ思いをさせたくないと思ってくれはった。

 

本当に有り難かったです。

私も、そんな風に誰かに寄り添えるようになりたいですわ。

 

 

なんしか、無事手術が済み、今のところ経過も順調です。

心肥大や弁膜症、心筋梗塞や胆嚢炎等々、今まで何回も元気に戻って来た旦那さん。

今回も元気に戻って来なはれや〜。猫達も待ってるデぃ!!!